キャリアデザインのすすめ

仕事とライフスタイルに悩む弟妹達へ。人生は自分でデザインしよう。

キャリアデザイン

情報をシャワーのように浴びるとき

みなさん、こんにちは。Amyです。 昨日、インターネットと携帯電話のおかげで貿易の仕事が劇的に効率アップしたことをお話ししました。 私がこれらのイノベーションと出会ったのは20代の頃です。 遅すぎず、早すぎず、まさにベストなタイミングでした。 そし…

働き方の自由はもっと広がる。ネットと携帯電話その次は?

みなさん、こんにちは。 現在、インターネットやスマホを使う生活が当たり前になっています。 私もPCとスマホに触れない日はありません。 若い方は子供の頃からスマホに慣れ親しんでいるのでしょうが、 昭和生まれの私が携帯電話を手にしたのは20代半ばだっ…

実家が汚屋敷という悩み:仕事しながら親家片・介護できる?キャリアスイッチON/OFF

この記事は、昨日の内容「実家が汚屋敷という悩み」の最終部分をリライトしたものです。 昨日の記事は1万字近い冗長なものになってしまい、せっかく訪問して頂いた読者の方をゲンナリさせてしまいました。失礼しました。 9月15日:実家が汚屋敷という悩み:…

実家が汚屋敷という悩み:「親家片」と高齢者の心情

この記事は3部作になっております。各記事だけ読んでもご理解いただけるようにリライトいたしました。 9月15日:実家が汚屋敷という悩み:ゴミマンション片付け壮絶体験談 9月16日(当記事):実家が汚屋敷という悩み:「親家片」と高齢者の心情 9月16日:実…

(短くリライトしました)実家が汚屋敷という悩み:ゴミマンション片付け壮絶体験談

昨日の記事は1万字近い冗長なものになってしまい、せっかく訪問して頂いた読者の方をゲンナリさせてしまいました。失礼しました。 内容をリライトし3部にわけました。 9月15日(当記事):実家が汚屋敷という悩み:ゴミマンション片付け壮絶体験談 9月16日:…

国内出張の宿泊に民泊を利用するメリット

皆さん、こんにちは。 出張ネタが続いてすみません。 出張族の私は、国内もあちこちウロウロとしております。 地方企業のコンサルを半年単位で受けることがあり、そうなると半年間毎月通うことになります。 国内出張は、1回2~3日+気が向いたら週末観光、と…

属性とあなたの信用度について その2.クレジットカードもサラリーマンのうちに契約しよう

こんにちは、ブログご訪問ありがとうございます。 先日社会的属性についてお話ししました。 サラリーマンであることを悲観する方が多いですが、「強み」もあります。 独立・転職を考えている方はぜひこの点を考慮しておきましょう。 先日は属性が住宅ローン…

息の長い女性のキャリアについて思うこと。論理的思考とか不倫とか・・・

こんにちは、Amyです。 今日は女性のキャリア長期継続についてお話ししたいと思います。 ☆ 専門知識と学習習慣は20代のうちに ☆ 女性は論理的思考が苦手 ☆ 不倫について ☆ 働き方は選択できる時代へ ☆ 専門知識と学習習慣は20代のうちに 数ヶ月前から、20代…

属性とあなたの信用度について その1.住宅ローンはサラリーマンのうちに組もう

こんにちは、以前、キャリアデザインのためにはまず自分の強み(得意分野)をみつけようというお話をしました。 本日はサラリーマンが持つ強みの一つである住宅ローンと属性についてお話しします。 ☆ 住宅ローンはサラリーマン最強 ☆ 属性(社会的)とは ☆ …

判断力の問題:日本とフランスの試験問題の違い

昨日、適応力と判断力をつけましょう、という記事内容の中で 海外の試験問題について少しお話ししました。 子供のころからどのような教育を受けるかによって、 能動的な考え方が身についたり、受動的なタスク処理が習慣になったりします。 そのプロセスを少…

激変する21世紀を生きるために、若者は適応力と判断力を鍛えよう

先日、これから劇変する時代を生きていく若者に、適応力と判断力を鍛えようと提案しました。 自分自身で情報を精査・判断し、適応していく力は、若い時にこそ鍛えることができます。 本日は「判断力・適応力を鍛えよう」「そのために自分の頭で物事を考えよ…

人生に悩む若者へ。その悩み相談してみれば?

ブログご訪問ありがとうございます。Amyです。 このブログではキャリアデザインや営業のやり方、海外での働き方などをポツポツと書いておりますが、少しでもどなたかの役に立っていればいいなと思います。 さて、昨日はある若者の転職相談にのった話をしまし…

全てはタイミング!起業も転職も引っ越しも人生の転機をベストタイミングにあわせよう

ブログご訪問ありがとうございます。Amyです。 昨日、海外で成功できる おすすめの職業6つ をご紹介しました。 その中でも一押しなのが、すし職人です! が、これは10年後にも同じように成功するわけではありません。 今だからこそ、波に乗れるベストのタイ…

海外でも成功間違いなし!? 日本の職業6選

こんにちは、Amyです。 私は貿易業で頻繁に海外へ出張しており、実際に在住していた時期もあります。また、学生時代から欧州、アジア、オセアニアなどを多数旅してきました。 そんな経験から、本日は日本人が海外へ出て成功しそうな職業を独断で書いてみます…

収入源が1択は危険な時代がやってくる。 起業を疑似体験しておこう。

ブログご訪問ありがとうございます。 昨日、激動の21世紀後半を生きる予定の20代若者へ で下記のように書きました。 投資に「卵は一つのカゴに盛るな!」という格言がありますが 今後は仕事も1択のリスクをとらず、複数収入を確保することがより安全という社…

激動の21世紀中後半を生きる予定の20代若者へ、少し未来を想像してみよう

ブログ訪問ありがとうございます。 私は若い方達を自分の年の離れた弟妹だと思って このブログで仕事のコツについて色々とお伝えしているのですが、 今日は皆さんがこれから20~30年位で経験するのではないかと思う変化についてお話します。 これらの変化は…

価値観をこえる グローバル・キャリアへの第一歩

こんにちはAmyです。ブログを読んでくださっている方、いつもありがとうございます。 私は若い方達にぜひ海外に出てor海外とつながってキャリアを展開してもらいたいと思っています。 その際、語学を障壁として感じる方がほとんどですが、 それよりも焦点と…

パリ症候群 価値観の違いに苦しむ日本人

こんにちはAmyです。 私は若い方達にぜひ海外に出てor海外とつながってキャリアを展開してもらいたいと思っています。 その際、語学を障壁に感じる方がほとんどですが、これからGoogle Glassやスマホで自動翻訳がもっと進化していくでしょうから、それほど問…

27歳の時にキャリアデザインした私のビジネスマン人生

ブログご訪問ありがとうございます。 今週はフランス人のバカンスと新人教育制度についてお話しました。 私は20代でこの「フランス人の3週間バカンスが当然という働き方」を体感してしまったのですが、当時色々な価値観が変わりました。 本日は私の体験談と2…

フランスの新入社員教育制度

こんにちは、Amyです。 昨日はフランス人のバカンス事情についてお話ししました。 今日は、フランスでは若者・新人の扱いはどうなっているのかをお話しします。 フランスでは、職業高校にいる間に、実際に見習い研修として会社で働くことになっています。学…

フランス人のバカンスは3週間!

ブログご訪問ありがとうございます。 今日はフランスのバカンス&労働事情について書こうと思います。 ☆ 純ジャパ筆者からみた第一印象 ☆ 休暇はぜんぶで5週間 ☆ お金はどうするの?旅費は? ☆ 経営者側からみると… ☆ 日本の働き方 ☆ 純ジャパ筆者からみた第…

交渉力アップにも「物事を俯瞰で見る」習慣

これまで物事を俯瞰で見ることで、問題解決能力をアップするお話しをしてきました。 この俯瞰で見るという方法は、実はネゴシエーションにも使えます。 ビジネスの場ではネゴシエーションがつきもの。 また、人生においても様々な場で交渉が必要となります。…

問題解決の考え方 いつもミスする人が100%悪いのか?

ここ数日、問題解決能力をアップするために、物事を俯瞰で見るというお話しを続けています。 今日もまた、具体例とともにこの説明を続けます。 ☆ 物事を俯瞰で見る(おさらい) ☆ 河川の流れを例えに考えてみよう ☆ 問題を起こしている人が100%悪いのか? ☆ …

どんな職種にも共通する問題解決のコツ

昨日、問題解決能力が高い人が常に意識している2つの事で、 「物事を俯瞰で見ること」と「仕事全体の流れを把握すること」についてお話ししました。 昨日の具体例では、営業マンの納品ミスを題材に解説をしましたが、これはほかのどんな職種(事務職、マネー…

問題解決能力が高い人が常に意識している2つの事

あなたのまわりには問題解決能力が高い人はいますか? 彼らが常に意識していることが2つあります。まず「物事を俯瞰でみること」そして「仕事全体の流れを把握すること」 下記目次にそって解説していきます。 ☆ ビジネス実務はほとんど問題解決☆ 問題解決能…

欠点は放置してもいい

欠点は放置してもいい。無理になおさなくてもいい。そう言われたらあなたはどう感じますか? 昨日は自分の得意なフィールドをみつけてそこで努力をしよう。自分の強みを強化しよう、というお話をしました。 そして特定の欠点を克服しようという話をしました…

キャリアデザインに必要なのは「自分の強み」を知ること

昨日、「その努力、もしかして無駄?」というタイトルで、自分にあったフィールドで努力を重ねようというお話をしました。 では、自分にあったフィールドとはなにか。キャリアデザインはどのように進めたらよいのか。 本日はこのあたりのお話をします。 目次…

その努力、もしかして無駄?

もし、あなたがもう何年も同じフィールドでかなりの努力をしているのに仕事の結果が伴わない場合は、努力する場所(フィールド)が本当にそこでよいのかどうか再考する必要があるのではないでしょうか。 目次 ☆ 努力する習慣はすばらしい ☆ 「努力は決して裏…