キャリアデザインのすすめ

仕事とライフスタイルに悩む弟妹達へ。人生は自分でデザインしよう。

睡眠不足じゃイイ仕事はできない!チャンスを見つけてひたすら眠ろう:海外出張必需品【耳栓】

昨日の流れで本日も海外出張関係です。

 

海外出張の持ち物はたくさんありますが、その中でも使用頻度が高いのが【耳栓】です。

意外に思われるでしょうか?

 

実際非常によく使用しているので体験談も交えてお話しします。

 

☆ 耳栓の調達

☆ 耳栓を使う場所: 機内

☆ 耳栓を使う場所: ホテル

☆ 耳栓を使う場所: 鉄道・車 そして・・・

f:id:amyworld:20170912211203j:plain

猫爆睡中(=^・^=)  

 

日本では耳栓を使用する機会はあまりありません。

でも、海外では周りへの配慮なしに大声で騒ぐことが多いですし、携帯電話のマナーモードの使用率は限りなく低いです。

日本とモラルが全く違う海外では、あまり普段経験しない騒音に出くわすこともありますので、ご注意ください。

 

☆ 耳栓の調達

 

私はいつも航空会社が機内で配るポーチ&アメニティの中に入っているものをそのまま使用します。

ただし、小さなものなので失くすことも多く、予備を1組スーツケースにいれています。

ダイソーなどの100円ショップで売っていますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

  

 

 

☆ 耳栓を使う場所: 機内

 

長距離フライトの際は、必ず集中して睡眠をとる時間帯があると思います。

特に現地到着後すぐにビジネスディナーやランチがある場合は、機内で眠っておくことが重要ですよね。

 

でも、赤ちゃんが乗っていて四六時中泣いていたり、

お隣の人がすごいイビキを書いて寝ている、

後ろのティーンエイジャーが延々おしゃべりで盛り上がっている、

ということもありえます。

富裕層ファーストクラスなら別でしょうが、

ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミー共通して上記のような騒音のリスクはあります。

 

赤ちゃんが泣くのは当たり前です。気圧の関係で、やっぱり赤ちゃんや幼児も身体的に不快みたいです。

 

イビキは注意しても本人も誰にもとめられません。

 

ティーンエイジャーのおしゃべりも、仕方がないですよね。

旅行で興奮状態だと思いますし。

 

そして、機内は密室。逃げ場所がない!!!

 

我慢するしかありません。

 

そんな時に耳栓があるだけでもずいぶん違うんです

 

高価なヘッドフォンでもOKですし、耳栓+備え付きのヘッドフォンだけでもかなり違います。

安眠確保のために、私にとっては必需品です。

 

耳栓を配っていない航空会社もありますので、事前チェックしておきましょう。

 

 

☆ 耳栓を使う場所: ホテル

 

ホテルでは、隣室や廊下の騒音で眠れないことがあります。

 

これは国にもよります。シンガポールや上海の高級ホテルではこういうことはめったにありません。

が、フランスやイタリアのように古い歴史建造物を使ったホテルは、建て替え自体ができませんので壁が薄い場合が多いです。

 

また、日本のように「ビジネスホテル」というカテゴリーがないため、

一つのホテルに、家族連れカップルビジネスマンも共存しています。

おとなりが新婚カップルっていうこともあり得ます。

 

ちなみに、海外のホテルに、シングルの部屋は圧倒的に少なく、

シングル予約しても、ダブルベッドを一人で使う、という感覚です。

 

ですので、深夜、廊下でも平気で大きな声で話しますし、お部屋の中の声も結構きこえることが多いです。

 

1泊3万円以下の中級ホテルに泊まる場合は、耳栓おすすめです。

  

ただ、目覚まし時計の音が聞こえないと困りますので、ベッドサイドボードを近くに寄せて、バイブレーションモードにしておくなど、工夫が必要かもしれません。

絶対寝過ごしてはいけない朝は、フロントに頼んでおけば何度でも電話してくれますし、ドアノックもしてくれるはずです。

 

 

☆ 耳栓を使う場所: 鉄道・車

 

海外滞在中は、時差ボケの影響もでることがあり、常に眠い状態が当初つづきます

ですので、鉄道移動や車移動は貴重な睡眠時間です。

 

最近の長距離鉄道(新幹線)は、「サイレンス・コンパートメント」(静かに過ごす車両)と、「フレンドリー・コンパートメント」(おしゃべりOK車両)に分かれていることもあります。

特に、早朝の列車はネット予約時に選べることが多いです。

 

それでも、まぁ海外の方、特にイタリア・スペイン・フランスの方は四六時中おしゃべりしてます! 男性も女性も!

 

それが当たり前の風景なので、こちらから静かにしてくれとも言えませんし、言っても10分後には同じ状況にもどっているでしょう。

 

ですので、私はすぐ耳栓して眠ってしまいます。

車移動で同行者がいても「時差ボケで調子悪いの、ゴメン」といって速攻ねます。

 

ただし、一人旅の時は列車では荷物の盗難に注意してくださいね!

爆睡するときは2重3重に貴重品を保護したショルダーバッグ斜め掛けは当然です。

日本のように、お尻のポケットやジャケットの胸ポケットに財布など、ただのおめでたい鴨葱ですのでご注意を。

 

あと、バスなどの公共交通機関で移動中などに資料を読みたいとき、公共の場のベンチなどで読書や仕事をしたいときも耳栓をしていると、話しかけられにくい雰囲気をつくることはできます。

無視して声をかけてくるひともいますが、耳栓を外しながら、

「ちょっと集中して片づけなくてはいけない急ぎの仕事があるんです」なんて言えば、回避しやすいです。

 

たった100円の耳栓ですが、あるととっても便利ですよ!

 

睡眠って本当に大切です

出張中は、特にいつもと環境がかわって眠りが浅い場合もありますので、チャンスをみつけたらひたすら眠りましょう(持ち物盗難に気を付けて)。

集中力をもってイイ仕事をするためには、睡眠が本当に大切です。

長距離フライトの場合は、そのコントロールが機内から始まっていますので、機内の過ごし方もある程度想定しておくといいかも。

到着後の活動のために、あなたは機内で何時間くらい眠っておきたいですか?

機内睡眠が必要な場合は、日本でいつでも見れる映画をフライト中ひたすら見るような事はしないでくださいね。

 

以上、海外出張におすすめの必需品【耳栓】のお話でした。