キャリアデザインのすすめ

仕事とライフスタイルに悩む弟妹達へ。人生は自分でデザインしよう。

実家が汚屋敷という悩み:ゴミマンション片付け壮絶体験談

ブログご訪問ありがとうございます。

このテーマは3部構成です。

それぞれ独立した切り口ですので個々にお読み頂けますが、

よろしければ当記事からスタートして3記事ご覧ください。

 

9月15日(当記事)実家が汚屋敷という悩み:ゴミマンション片付け壮絶体験談

 

9月16日実家が汚屋敷という悩み:「親家片」と高齢者の心情

 

9月16日実家が汚屋敷という悩み:仕事しながら親家片・介護できる?キャリアスイッチON/OFF

 

 

 

 

ご実家が汚屋敷で、片付けや将来の介護が怖くて震えている方いませんか?

現実逃避したい気持ちもわかりますが、どこかで取り組まなくてはいけない案件ですよね。うちの実家も絶賛片付け中です。

ま、やるしかないのです。

 

実家の話の前に、今日は3年前に体験した伯母の汚屋敷片づけ&老人ホーム入居騒動についてお話しします。

  

☆ 伯母、突然倒れる

☆ 伯母、バリキャリ心の闇&高齢ニート

☆ 4LDK壮絶モノ地獄 お片付け:初動編

☆ お片付け:実務編

 

 f:id:amyworld:20170915224550j:plain

 

 

 

☆ 伯母、突然倒れる

 

3年前、一人暮らしの伯母(父の姉)が倒れて救急車で運ばれたという連絡が入りました。

 

伯母はもう80歳近い高齢で、いくつか持病も持っており、ずっと病院通いだったようです。

が、今回は病状悪化で入院することになり、父や親戚が交代で世話をすることになりました。

医者からは、軽い認知症もはじまっているし、どう考えてももう一人暮らしは無理。誰かが引き取るか、施設にいれるか考えるようにと言われました。

 

 

と、ここで大問題発覚

伯母は独身で子供もおらず、4LDKの広いマンションに住んでいました。

 

ところが、着替えをとりに入室した親戚が見たものとは・・・

 

足の踏み場もない ゴミ屋敷 

いや ゴミマンション!!!

 

4LDKが歩いて前へ進めないほど、モノであふれかえっています

テレビの前のわずかなスペースに、布団が敷いてあり、どうやらそこで寝起きしていた模様。

 

お風呂はカビだらけで物置と化しており、台所もとにかく汚い。

1部屋は衣服やデパートの紙袋で埋め尽くされており、別の部屋は箱買いした食品・飲料が高々と積まれています(全量賞味期限切れ)。ベランダは枯れた植木のプランタであふれかえり、よくわからない壊れた機械が放置。

 

壮絶な状態に、一同絶句。

 

伯母はとてもしっかりした人(だと皆おもっていた)で、お正月・お盆にも顔を合わせていましたから、

引退後も問題なく過ごしているものと、誰も疑っていませんでした。 

 

 

☆ 伯母、バリキャリ心の闇&高齢ニート

 

伯母はバリバリのキャリアウーマン(伯母の時代は職業婦人っていったのかな?)で、現役時代は所長を任され、年収も1000万円近くありました。

生涯独身。

定年退職後も請われて嘱託で仕事を続け、70歳くらいまで若い後進の指導にあたっていたほど、仕事はよくできた人です。

 

あの時代の人にしてはめずらしいキャリアウーマンですね。

7人兄弟の長女で、一族のまとめ役というイメージでした。

 

しっかりした人だと皆が信じていた伯母ですが、実情は違いました。

様々な問題が判明します。

 

問題① まず、住んでいたのはなんと家賃15万円の賃貸マンション

彼女の稼ぎなら、若い時にさっさとマンション位買えたはずです。

ちなみに年金額は月13万円。

終わってる・・・

足し算と引き算もできなくなったのか!?

 

 

問題② 数千万円の退職金が、定期的に引き出されてほぼゼロになっていました。

 

 

問題③ デパートで大量の買い物をしており、未開封の商品がたくさんでてきました。

多くの部下に囲まれて仕事していた伯母は、退職後さみしくて買い物依存症だったのかもしれません。

 

エルメスのスカーフ10枚近く(新品箱入り未開封)。

フェイラーやレイクアルスターの高級ハンカチ200枚近く(新品)。

コーチなどのブランドバッグ、ポーチ多数(新品)。

 

男性の方、レイクアルスターをご存知ですか?

女性が好きなシュニール織のタオルハンカチやポーチのブランドです。

値段、驚くなかれ。 ポチらなくていいです。私の報酬になってしまいます

 

レイクアルスターシェニールウォッシュタオルオーキッド【ドイツ製】

価格:3,024円
(2017/9/15 20:30時点)

  

えぇ、えぇ、同じ大きさのタオルハンカチは300円で買えます。

500円も出せば、もっと肌触りのよいものもあります。

ですが、これらのブランドは高いんです。

まぁ、プレゼントとして喜ばれますけどね。

200枚もいりませんね。

 

伯母はプレゼント魔だったようで、若手の女性スタッフやお客様にしょっちゅうあげていたようです。

私も毎年お盆にプレゼントもらってました。

その買い物クセが、完全引退の後も続いていたのです

 

そして・・・・・驚愕の事実はまだ続きます。

 

問題④ 一人暮らしじゃなかった!!

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

伯母の4LDKのマンションには、なんと伯母の末妹が居候していました。

55歳越え、25年間無職の超高齢ニートです。

 

7人も兄弟がいるので、長女の伯母にとっては、末妹は20歳近く年が違いました。おそらく、娘のような扱いになっていたのかもしれません。

このニート叔母は30才そこそこで正社員をやめ、たまにバイトするという生活をしていましたが、ある時家賃も払えなくなり、伯母のところに転がり込んだようです。

それ以来、家事手伝いをするという約束で(実質は何もしない)、伯母の4LDKマンションの一部屋を占拠し、伯母に小遣いをせびり、25年間ニート生活をしていました。

 

伯母の退職後、特に病院通いが始まるとニート叔母は通帳をとりあげて管理しはじめ、生活費と称して2~30万円ずつ引き出すようになります。

自分の小遣いで使ったほかに、おそらくは自分名義の通帳に貯金していたのだと思います。

 

ニート叔母の着服伯母自身の買い物依存症

数千万円あった伯母の退職金はほぼゼロになっていたというわけです。

 

以前は伯母が倒れても、ニート叔母が自分で病院に連れて行っていたのですが(入院費の名目でお金を引き出してました)、

貯金が底をついたので、もう入院してもしらんぷり。父をはじめとする兄弟姉妹に電話して丸投げ、というモンスターぶりです。

 

 

☆ 4LDK壮絶モノ地獄 お片付け:初動編

 

驚愕の事実が次々と判明しますが、いずれにせよ伯母はもう一人暮らしはできず、退職金も消え、わずかな年金で何とかしなくてはいけません。

  

 

 

仕方がないので、私がすぐ実家へ戻って話し合い、今後の方針を全部決めてしまいました。

 

● 伯母は老人ホームに入ってもらう。

これは同市に住む親戚Aに探してもらう。最終手続きは父が行う。

 

● ゴミマンションは3か月後に退去する。

2か月前に不動産屋に予告する。3か月で片づける。

 

● 伯母の資産整理を行う

クレジットカード・各種契約の解約手続き、

不用品の売却、保険類の確認、残っている資産の保全(ニート叔母から通帳奪還)

 

 

まずは毎月高い家賃がかかるマンション解約のために、ゴミマンションの片付けが必要。

ネットで探し、業者に見積もりを依頼しました。

両親が現場立ち合い、私は電話で現場の業者と通話しながら交渉しましたが、あがってきた見積もりはいずれも80~200万円近く。

 

まぁ、私が業者でもそれくらい請求するかも。凄まじいゴミマンションでしたから。

 

伯母はもうほとんど資産がありませんから、

腹をくくって自分たちでできるところまで片づけることにしました。

 

仕事上のプロジェクトと同様、Excelで細かくスケジュールをつくり、各人のタスクを落とし込み、両親+3~4名の親戚に協力を要請し、具体的な行動の指示を出す親族会議を緊急招集。

 

 

 

☆ お片付け:実務編

 

色々もめましたが、最終的には親族全員本気になったことが功を奏して、伯母の老人ホームはすぐ決まりました。高齢者同士の口コミは馬鹿にできません。

3か月後の入居です。

 

正直、伯母の年金だけではやっていけませんが、多少の出費負担は仕方がありません。

 

マンションも3か月後に解約することに決め、不動産屋にも連絡をいれました

 

私が東京にいる間は、事務処理や業者の手配、スケジュール調整をしながら、都度、携帯電話で指示をだしていました。

2~3週間ごとに5日ほど帰省して進捗状況確認し、片付け実務をこなしていました。

 

実はニート叔母が引っ越しを拒否し、籠城したり

せっかくまとめたゴミをまた全部部屋にばらまいたりとかなり大変でした。

これについては、また別に書きます。

 

 

とにかく、ひたすら片づけです。

具体的に書き出してみます。

 

● 汚部屋から、貴重品と重要書類を探し出す

これが最もたいへんでした。膨大なゴミの中から書類と貴金属を探す。この作業が1か月続きました。

皆さん、ご両親の情報をリスト化しておくこと、おすすめします。

保険、銀行、クレジットカード、証券会社等、取引先をリスティングしておきましょう。

 

● 新品の商品を買い取ってもらう(エルメス、フェイラー)

二束三文でした。

時間があればヤフオクでさばいた方がいいと思います。

 

● 伯母がホームへ持っていくものを選び出す(服、アルバム、貴重品)

 

● 大量の衣類処理

キャリアウーマンなので、衣装の量が半端ない。着物タンスも3棹。

買い取りと、残りは資源ごみ。

マンションの管理人さんに相談して大量のごみを収集日まで保管してもらいました。

 

● 食器、燃えないゴミ

バカラや香蘭社など、高級食器がたくさんありました。

額縁や、おひなさま、鏡、つぼ、お土産、置物など、

燃えないゴミの処理は非常に困りましたね。

重いし、収集日が少なく、仕訳がかなり厳しくて何度かやりなおす羽目に。

 

 

● 賞味期限切れの食品処分

缶詰は缶をあけ、中身と分別。大量にあったので、かなり大変でした。

途中であきらめ、いとこたちに車で引き取りにきてもらい、各家で処分してもらいました。

 

 

● 家電、大物家具の処分

Jimoty掲示板で募集するも、無料にしたため、問い合わせが殺到。

100件越えで、無断キャンセルも多数。

皆さん、Jimotyは便利ですが、タダにするとろくでもない人たちも来ますので、少額でも金額つけたほうがいいです。

もう、引っ越しする物件なので、日時を決めて、住所公開。直接引き取りにきてもらいました。

 

jmty.jp

 

 

● 粗大ごみの申し込み

Jimotyでも引き取ってもらえなかった家具などの粗大ごみを、市町村の回収に申し込み

箪笥1棹1000円、ふとん一式800円など、有料ですが業者よりは圧倒的に安いです。

高齢者ばかりで運び出しができないので、日付をきめて

便利屋を6時間ほどオーダー。

ごみ処理費+人件費で5万円くらいで済みました。ラッキー。

 

● 植木の処理

土を捨てる、素焼きの植木鉢を処分する、これらもかなり大変でした。

管理人さんにお願いして、マンションの花壇に土を捨てさせてもらえました。 

 

● 最終処分は業者に

自分たちで処理しきれないものは、軽トラ1杯積み放題で、××円という不用品回収業者を頼みました。

 

ウェブサイトには何でもOKと書いてあり、電話でも内容物の確認していましたが、

実際は当日になってからこれは引き取れない、追加料金いくら、等々値段をかなりつりあげてきました。

産廃物は別料金がかかるでしょうけれど、衣類や段ボール、プラスティック類がほとんどでしたから、納得いきません。

 

引っ越し前で切羽つまっていたり、よくわからない高齢者は押し切られて払っちゃうんでしょうけどね。

 

私 「さようか、そしたらもうええわ。帰って。」

 

業者 「?」

 

私 その場でパソコンを開いてウェブサイト表示

 

私 「書いとることと、えらいちゃうね。電話でもわざわざ確認したのに。誇大広告でJAROと消費者庁にすぐ電話しとくわ。」

 

業者 「・・・」

 

 

 

 

 

無事、全部引き取ってもらいました。

 

 

● 壁、床、天井

ほとんどモノがなくなって、先が見えてきました。

が、私は敷金を全額(契約書記載のクリーニング費は除く)返してもらおうと思っていましたので、

不動産屋がツッコミをいれそうな箇所を見栄えよくするための掃除をしました。

かなり長い間住んでいたので、経年劣化部分は家主の負担で修繕になります。

賃借人側の過失になりそうなところを、父と共に清掃・修繕していきました。

 

住居引き渡し当日、私は東京を離れることができず、不動産屋との交渉ができなかったため、

事前に両親たちに敷金返還のガイドライン(東京都や大阪府が発行しています)を持たせて、交渉の仕方を細かく指導しておきました

 

結果、カギ交換費2万円を差し引かれただけで、残りは全部返金

40万円近く戻ってきたので、本当に助かりました。

 

私にとっては4か月、両親にとっては半年の悪夢が終了。

問題が すべて片付いたわけではありませんが、とりあえず、高額な家賃が浪費されていたゴミマンションを退去できたのです。

 

本当にほっとしました。

両親が言ってくれた「ありがとう」が、本当にうれしかった。

 

 

ゴミマンション・モノ屋敷の処分は私たちが思っている以上にたいへんです

一人では、とても無理でしょう。

 

今回は、家賃が発生するので、一日も早く退去しなくてはいけない、というリミットがありましたが、

ご実家が持ち家の場合は先送りしがちです。

 

できればご両親が退職した直後60歳くらいの元気な時に、

一度 モノを整理して、老後くらしやすいバリアフリーに建て替え/リフォームすることをお勧めします。

 

以上、私の体験談がお役にたてば幸いです!