キャリアデザインのすすめ

仕事とライフスタイルに悩む弟妹達へ。人生は自分でデザインしよう。

若者の草食化! もっとたくさん恋をしてほしい。

こんばんは、ブログ訪問ありがとうございます。

 

最近、なぜかよく相談を受けます。

 

転職と投資関係は得意分野というか、やることが決まっているのでそこそこ的確にアドバイスできますが、

他の分野(恋愛とか夫婦関係、家庭事情?)は人それぞれ状況が全く違うので

なぜ私に相談するの???と思う場合もあります。

 

金銭トラブルは、結局「お金貸して」といわれる残念な場合が多く、なんだか起業して経済的に落ち着いてからは増えてきました。

いや、単にカモられてるのですね。悲しいです。すべて断っています。

正直、同窓会は鬼門です。 さみしい・・・

 

f:id:amyworld:20170925001538j:plain 

 

恋愛の相談について

男性には理解できないかもしれませんが、

女性は人に話して、客観的なジャッジを受けることで、急激かつ冷静に状況を理解できることが多いです。

 

女性は相手の感情を察することは得意ですが、自分のことを客観的にジャッジをすることが苦手です。

ですので、誰でもいいので(信頼できる、口外しないという条件はありますが)、話を聞いてもらい、それを客観的に批評してもらって答えに納得するというケースもけっこう多いんですね。

 

ですので、話すことでスッキリし、私が客観的に分析して感想をまとめることで、本人が自分で答えを見つけてしまうのです。

 

 

 

さて、先日20代前半の女性の恋愛相談をうけました。

とてもかわいい娘で、勤め先も一流企業ですのですが、

どうも男性からアプローチしてくれないということに悩んでいるようです。

 残念ながら、私が男性の積極性をコントロールできるわけではないので、せっかく相談してくれたのに、あまり役立つ結果にはなりませんでした。

m(__)m

 

で、思うのですが、最近は恋人がいない若い男女が増えました。

結婚率も下降を続けています。

 

私は下記4つがその理由かな、と思っています。

 

セクハラ懸念: 昭和の頃は、社内結婚社内恋愛がたくさんありました。会社内の仕事ぶりがわかった上で好きになったり、取引先に声をかけて交際を申し込んだり、というパターンが多かった。

上司やお取引先の方が応援してくれることもありました。

 

ですが、現在は社内で声をかけるとセクハラになったり、

上司・先輩が年下に声をかけるとパワハラ扱いになる場合もあります。

会社内での恋愛がものすごく減ったと思います。

 

仕事ぶりを知ったうえで結婚って、性格の相性もある程度確認できて、

家事もしっかりこなしてくれそうで、ものすごく理想的だと思うのですが。

なんだか残念です。

 

 

正社員の減少: 不況のせいで成人男性の正社員率が下がり、派遣社員やフリーターの人たちがふえました。

独身男性1人では生活できても、妻子を養うにはすこし不安のある年収という理由で、結婚に踏み切れない男性も多いそうです。

これについては、最初から専業主婦になろうとしている若い女性の意識を改革する必要があると思います。

昭和のような終身雇用は終わりました。

これからの日本社会に安定は見込めません。女だから働かなくていい、という考えは少しちがうんじゃないかと思います。

 

社会全体に、男性女性両方が力を合わせて結婚生活を築いていく風潮が満ちていけばいいなと思います。

同時に、高収入女性への偏見もなくなればいいですね。

 

 

ホルモンで女性化: 畜産業界では食肉を柔らかくするために、牛や豚に女性ホルモンを注射すると言われています。

あらゆる加工肉食品にホルモンが含まれており、それを口にする人類が全体的に女性化しているという説を聞いたことがあります。

データの出典がわかりませんので、自信がありませんが、上記のようなことが事実であれば、最近の若い男性の草食化に関係あるかもしれませんね。

 

 

お節介オバサンがいない: 私が大学をでてすぐ働いた職場には、毎月のように私に見合いの話をもってくるオジサンがいました。

新人にはいつも同じような対応をするそうです。

とても良い方で仕事も優秀な方でしたし、私はハッキリ断れる性格なので特に問題なく過ごしていました。

でも、今はああいう方はパワハラにあたるんでしょうね。

昔は職場以外にも、実家の近所や町内会、商店街、両親の友人などなど、あちこちにいわゆる「お節介オバサン・オジサン」がいっぱいいました。

今は、地域のつながりも薄くなってしまって、これらは絶滅危惧種ですね。

オバサンの明るさと強引さと、よくわからない直観力は出会いの少ない男性には結構助けになると思うのですが。

 

その代わりが婚活アプリなのかもしれません。

でも、お節介オバチャンのフォロー力にはかなわないと思ってます。

 

仕事はある程度自分の思い通りに進められますが、

恋愛と子育ては自分の思い通りになりません。だからこそ、自分自身が成長できるんじゃないかな、と思います。

みずみずしい感覚をもつ10代20代のうちに、ぜひ恋愛たくさんしてほしいです。

 

弟妹達、若いうちにぜひたくさん恋をしてください。

面倒くさいですか? 恋は、面倒だからいいんです!!!