キャリアデザインのすすめ

仕事とライフスタイルに悩む弟妹達へ。人生は自分でデザインしよう。

今年はまだ3か月ある! できることを予定表に落とし込む

 

こんばんは、ブログご訪問ありがとうございます。

 

書店や文具店では2018年の手帳や占い本がずらりと並び始めましたね。

私は毎年おなじ手帳「高橋書店のリシェル」を愛用しています。

 

30代の頃はフランクリン手帳を使っていましたが、とても重くてハンドバッグに入らないのでやめてしまいました。

 

高橋書店のリシェルは文庫本サイズ。手軽に持ち運べます。

 

リアルな手帳のほかに

ウェブでも本業、副業2~3件、民泊管理のカレンダーをそれぞれ使っていて、各分野の細かい予定が入っています。

 

大まかな予定は手帳に手書きで再度書き込んでいるんですね。

 

リアル手帳を開いて、ジャンルの違う予定をだいたい把握する。細かい点をチェックする場合はウェブカレンダーを見るという感じです。

 

リアル手帳: その日の実際の予定(イベント・会議・アポ・講座)を書き込む

ウェブカレンダー: その予定の詳細を記載、およびその予定までに準備するタスクと締切日を落とし込む

 

 

まどろっこしいですが、私の場合は案件ごとに分けて考えた方が管理しやすいため、このスタイルが長年身についています。

 

手帳とは、仕事を効率的に行うためのもの。

旅にでるときの地図に似ています。

 

f:id:amyworld:20171004010059p:plain

 

 

そして、リアル手帳&ウェブカレンダーに加えて、

2017年ののこり3か月を有効に使うために、デスク横の壁に

10月、11月、12月のカレンダーを並列して張り付けました!

「見える化」です!

 

多くの方が、「今年ももう3か月しかない」という表現をしますが、

3か月もあるといろんなことができると思います。

 

私が落とし込んでいるタスクは主に下記(他にも色々ありますが)

 

1. ウェブサイトの作成複数、

2. 来年2月の大規模イベントの準備、

3. 糖質制限ダイエット・10日ごとのコミットと報告、

4. あるテーマの勉強(週1 × 8週間)、

5. 本業の出張 5件(出張期間中は上記タスクができなくなるので)

 

 

例えば、1のサイト作りについて具体的に言うと、

サーバー契約、記事?本ライティング、掲載インタビューアポ取り、などなど30個ほど、作業すべき内容を書き込んでみました。

 

こうすると、気分が乗らない時でもやることが明確なので、楽です。

 

 

見える化っていいですよ。

昨日習慣のお話をしましたが、カレンダーをみて今日、今週やることがわかれば時間も有効に使えます。

 

人って基本的にナマケ者だと思います。

ついだらだらしたり、動画みちゃったり。

でも、すごくモチベーションの高い時に、このようなカレンダーへのタスク落とし込みや、計画書の作成をしておけば、

やる気がない時でも、それをみて作業だけを実行することができるんですね。

 

調子が乗らない時は、考えること自体がおっくうになります。

そんな時に、やることが決まっているとかなり楽なんです。

 

地図があれば、とりあえずその方向へ向かえばいい。

やる気がある時は速足ですすみ、疲れている時は休憩しながら。

でも、横道にはそれずに、地図に示された場所へとひたすら向かう。

 

なにか成し遂げたいことがある場合は、成功までの道筋(やるべきこと、予定、タスク)を決めて、あなたの地図を作りましょう。

地図があなたを「結果」へ導いてくれます。

 

弟妹達へ、地図(目標)を描いて旅に出てみませんか?

 

尚、糖質制限ダイエットについては食べるものがあまりなくて早くも迷子になりそうです。下記、糖質制限にピッタリ、置き換えダイエットも可能にしてくれるキヌア・グラノーラをスタートしました。