キャリアデザインのすすめ

仕事とライフスタイルに悩む弟妹達へ。人生は自分でデザインしよう。

ヴェネツィア立ち飲み居酒屋の話&ちょっと困った外国人からのチェーンメール

ブログご訪問ありがとうございます。

 

 f:id:amyworld:20171015232543j:plain

ヴェネツィア旅行

2年前の欧州出張の際に、マイレージを使ってヴェネツィアに立ち寄りました。

 

出張の場合、個人のマイレージと企業のマイレージがダブルで貯まります。

企業マイレージは少ない率なので、とてもアジア-欧州往復には使えませんが、欧州内の短距離フライト分くらいならすぐ貯まります。

 

これを利用していつも1フライトで3日ほど観光してくるのですが

ここのところイタリア訪問が続きました。

 

ヴェネツィア(ベニス)はもう何回か訪れていて、いまだに大好きな街です。この時は4月上旬で気候もちょうどよく独特の青さに包まれた街を満喫しました。

f:id:amyworld:20171015232459j:plain 

 

ヴェネツィアの立ち飲みスタイル

 

私がヴェネツィアを好きな理由の一つはバーカロと呼ばれるカジュアルな立ち飲み居酒屋です。

基本、カウンターがあるだけの立ち飲みですが、簡易なテーブルがあることも。

なぜかローマやミラノにはこのスタイルの居酒屋はなく、どちらかというとスペインのタパスバーに近いですね。

ヴェネツィアに多い船乗りのニーズにあわせてできたスタイルらしいです。

 

カウンター横には美味しそうなチケッティ(おつまみ)がずらりと並んでいて、それを選んでグラスワインを飲むスタイル。

バルクワイン(量り売りのハウスワイン)は1ユーロ(130円)くらいから売ってますし、

チケッティもエビのボイル、イカ・フライ、イワシの酢漬け、

サラミ、生ハム、パニーニ、ムサカなどなど、

種類も多くて1個100円~500円位で色々ものがあります。

 

仕事帰りの会社員が一人で一杯飲んでいたり、

学生が集まってワーキャー騒いでいたり、

デート前の待ち合わせ&アペリティフに利用するカップルがいたり、

と、お客さんも多種多様です。

 

私はヴェネツィアではいつも一人でバーカロ巡り。

一軒でワイン1ー2杯&おつまみ1ー2個を楽しみ、

また次の店にハシゴしていきます。

調子がいい時には5-6軒まわることもありました。

(日本でも、私は短時間ハシゴのみが好きです。)

 

実に楽しい時間で、私はこういうハシゴ酒って大好きなのです。

狭いところに寄り集まって飲み食いしているので、時々お隣さんに話しかけられたり、おつまみシェアしてもらったり、旅の醍醐味満喫、といった感じです。

 

 

メキシコ系アメリカ人夫婦と知り合う

 

で、そんなバーカロを満喫中に、年配のアメリカ人から声をかけられました。

 

私が食べているおつまみについての質問だったのですが、

奥様も合流して、ご夫婦とそのまま20分ほど一緒に飲むことに。

 

ご夫婦で旅行中のメキシコ系アメリカ人で、職業は建築家、

少し前までモナコに住んでいたようで、ヴェネツィアは観光とのことでした。

 

よくある旅の出会いで、電話番号を聞かれたのでその場で交換して別れました。

 

 

たくさんのメールとWhatsAppメッセージ

 

その後、旦那さんの方から4-5日おきにメールが来るようになりました。

「元気?」「今度どこに出張?」「ダラスは今日はスゴイ暑いけどそっちは?」というどうでもいい質問なので

適当に返していたんですけど、そのうちWhatsAppに大量のメッセージやおもしろ動画が入るようになりました。

WhatsAppは欧米で人気のアプリで、日本でいうとLINEのシンプル版のような感じですね。

無料通話もメッセージのやり取りも可能で、とても便利です。

 

ただ私は民泊の海外ゲストとの緊急やり取り用に使っていたので、夜中でもメッセージ音が鳴るようにしています。

このアメリカ人の知人からのメッセージは全く緊急性がないのでちょっと困ってました。

Facebookメッセンジャーに変えてくれ、って言ったんですけどそのままで…。

 

チェーンメール(不幸の手紙?)

 それでもあまり深く考えずにいたんですが

先日この人からチェーンメールが届いたんですよね。

 

若い方はご存知ないかもしれませんが、

昭和の頃にはチェーンメール、不幸の手紙が流行ったんですよ。

今もe-mailで届くことがたま~にありますけどね。

 

「あなたに〇〇〇という幸せが訪れます。ただし3日以内にこの手紙を5人に転送(拡散)してください。そうしないとあなたに不幸が訪れます」

 

だいたいこういう内容です。詳細はググってみてください。

 

今回はフランス語のチェーンメールで、やっぱり1週間以内に8人に転送しないと不幸になるよ、というものでした。

 

 

冒頭部分は「この手紙があなたに幸せをもたらす」という内容で、しかもフランス語。

このアメリカ人はフランス語はあまりわからないので、冒頭だけみてなんとなく幸福メールだと勘違いしたのかもしれません。

 

悪気はないのかもしれませんが、

私としては非常に迷惑で不愉快です。

当然拡散はしてません。ばからしい。

 

この人とは、たまに東京オリンピックの建築事情や、メキシコシティの話など面白い話もしていたのですが、

普段は本当にどうでもいい内容もたくさん送ってくるので、

もう連絡先を消去して過去履歴も一括消去しました。

 

1か月以上たっても、まだ懲りずに何度も送ってきますけど…

 

f:id:amyworld:20171015232343j:plain 

めずらしく迷います

1か月もスルーすれば、自然消滅しますが

南米系のアメリカ人は全くめげませんね。

 

はっきり「もうメッセージ送ってこないでくれ。チェーンメール送ってくるなんてどうかしてるよ」って言った方がいいのか、

このままシカトか迷います。

 

ハッキリ言うと、「理由を聞かせてくれ」とか、「もうそういうことはしない」とか、さらに面倒な議論になりそう。

 

シカトしてるといつまでもメールやメッセージ攻撃が続きそうですな。

 

私にとって時間は非常に大切です。私の時間を無駄にする人とのかかわりは避けています。

 

ちょっと前も大学時代の後輩と20年ぶりに会ったのですが

専業主婦の彼女は延々息子のお受験先の学校のグラウンドや体育館設備がいかにすばらしいかを話し続けていました。

「私、そういう話興味ないんだけど」と言っても、10分後にはまた同じ話を再開して、びっくり。人の話は全く聞かないモンスターになってた…。

その後一切電話には出ていません。

 

私は今まで、不要な人間関係はけっこうあっさりバッサリ切り捨ててきました。

 

普段でしたら、すぐさま消去!の案件なんですが

最近いろいろと思うところがあるので、なぜか迷ってしまうんですよね。

 

なんなんでしょうか。

何かのお知らせでしょうか。

自分が無駄だと思い込んでる事にも、将来意味のあることが潜んでいる?

そろそろ、余裕をもちなさいよ、っていうこと???

ご意見ある方きかせていただきたいです。

 

珍しく迷ってます。

自由ネコさんに相談してみようかな…。 

 

まったくまとまりがありませんが、本日はここまで。

 

弟妹達へは、かなり素敵なヴェネツィア旅行をおすすめして、終わりたいと思います(汗)。